前へ
次へ

結婚の挨拶で手土産としてお酒を持って行く

お祝いの席ではお酒を使うことが多いです。
スポーツなどでも優勝の時に樽酒を使ったりビールかけなどをして祝ったりします。
正月などでもお酒を持参して新年の挨拶回りをすることもあり、うまくお酒を利用するといいかも知れません。
ただし手土産として持って行くときは相手の好みを聞いておきましょう。
結婚の挨拶をしに相手の両親に挨拶に行くときがあります。
事前に好みとしてお酒があり、銘柄なども聞いているならそれを持参すると良いでしょう。
普段大人しい人でもお酒をきっかけにしていろいろ話が弾むときもあります。
土産として持って行ったお酒を一緒に飲みましょうと言われるときもあります。
お酒を手土産に持って行って勧められた時に断るのは良くなく、一口ぐらいは付き合うようにします。
ただ一口ぐらいに抑えておくのがポイントで、お酒を飲んで酔っ払わないようにしなければいけません。
お酒を持って行くと勧められる可能性が高いので、お酒が飲めない人は持って行かないようにしましょう。

Page Top